格安ホームページ制作のブリリアントワークスです。個人事業(SOHO)としての特長を活かし、格安価格・高品質にてご提供いたします。
ホームページ制作 岐阜(BW)
» » パンダアップデート対策

パンダアップデート対策

ホームページ制作が一般の方にも広まった2000年代前半は、サイトを量産してSEO対策で相互リンクし、上位表示を目指すという流れが根付き、『内容がないサイト』や『ただテキストが詰め込まれた文章になっていないサイト』、『他人の記事をコピーしたサイト』などが上位表示されるようになっていました。

この流れを是正するためにGoogleが投入したアルゴリズムが『パンダアップデート』で、日本では2012年7月から実施されています。

名前だけ見ると可愛いですが、低品質のサイトを根こそぎ退ける強力なアルゴリズムです。

パンダアップデートでペナルティを受ける可能性がある行為

  • 他のサイトからコピーしたテキストを使用している
  • 他のサイトと内容がカブっている
  • 自サイト内の他のページとほぼ同じ内容である
  • テキスト量が少ない
  • プログラムによって自動生成されたコンテンツである
  • アフィリエイトリンクとテキストをそのまま転載しているだけで独自性がない

パンダアップデートで評価を下げない方法

上記を見てお解りのように、他人のサイトから勝手にコピーすることは倫理違反ですし、内容がないサイトを見ても意味がないので、評価が下げられて当然です。

つまり、この逆のことを行えばいいわけで、オリジナリティ(独自性)溢れる内容のサイト制作を心掛ければスパム認定を受けませんし、検索結果上位表示にも近づくことになります。

この場合、オリジナリティが必要であるのはテキストの内容と量であることを忘れてはいけません。

画像は直接、閲覧者に訴えかける重要なアイテムですが、検索エンジンのクローラにとってはaltの情報しかなく、どれだけ画像を増やしても評価にはつながりにくいからです。

自分で考えたある程度長い文章を書き込むことを心掛けてください。

関連記事

ホームページ制作が一般的となった2000年前半から2010年半ばまでは、『多くのサイト』、『評価の高いサイト』からリンクが貼られているとそれ...


ページが多くてサイトボリュームがあることがSEO的に有利であるため、以前は、同じような内容のページを量産したり、サテライトサイトとして全く同...


気に入ったサイトを自分のサイトで紹介したり、逆に他人のサイトで自分のサイトが紹介されたりすることはホームページ運営上、そしてSEOの観点から...


自分のサイト名をGoogleで検索したら、1位は自分のサイトで問題ありませんでしたが、2位に『サイト名 - RSSing.com』というサイ...


2015年(平成27年)2月26日、グーグルがモバイル対応のウェブサイトを携帯用検索エンジンで上位表示することを発表しました。 実際にこの...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

Homepage

パンくずリストを構造化にすると、検索結果の下に表示されるURLがカテゴリ名にな...

WordPress

ワードプレスでpost classを使うと、さまざまなクラスと同時にhentr...

WordPress

ワードプレスには自動でPタグを入れる機能がありますが、場合によってはこれがデザ...

検索フォーム

コンテンツ

カテゴリ