格安ホームページ制作のブリリアントワークスです。個人事業(SOHO)としての特長を活かし、格安価格・高品質にてご提供いたします。
ホームページ制作 岐阜(BW)
» » WordPressで自動挿入されるPタグを削除する

WordPressで自動挿入されるPタグを削除する

WordPressは、テンプレートさえ用意すれば誰でも簡単にホームページを作成できる便利なシステムですが、時にやり過ぎの機能があります。

その一つが勝手に空のPタグを挿入する機能で、全く予期しないところでPタグが追加されたり、投稿や固定ページで改行が2回続いたらPタグに変換されたりします。

Pタグは通常でも間が空きますが、cssでmargin-bottomを広げていることが多く、見た目のデザインが崩れてしまうので修正しなければなりません。

それに、中身が入っていないPタグがあるとSEO的にも邪魔でしかないのです。

私も自作のWordPressテーマに変な空間ができていることに気付き、ソースを確認すると空のPタグが入っていたのでhtmlの組み方やcssを変更してみたのですが、Pタグの位置が変わるだけで無駄でした。

したがって、WordPressの自動挿入されるPタグ削除するには、functions.phpを使う方法かテンプレートファイルを変更する方法のどちらかを施すのが得策です。

以前はPS Disable Auto Formattingというプラグインもあったのですが、WordPressのバージョンアップにより現在は使えないので、次の2つのうちお好みの方をお選びください。

functions.phpでWordPressのPタグを削除する

functions.phpを使う方法は簡単で、次のコードを記入してアップロードすれば、すべてのページの無駄なPタグを削除できます。

なお、カスタマイズするときは、子テーマのfunctions.phpを使いましょう。

remove_filter( 'the_content', 'wpautop' );
remove_filter( 'the_excerpt', 'wpautop' );

テンプレートファイルを変更する方法

投稿用テンプレートならsingle.php、固定ページならpage.phpを変更することによってもWordPressで自動挿入されるPタグを削除することができます。

極力、子テーマにコピペしたテンプレートファイルをカスタマイズしましょう。

phpファイルをテキストエディタで開き、次の部分を検索します。上の方にあります。

<?php the_content(); ?>

見つけたら、次のようにその上に追加の記述をします。

<?php remove_filter('the_content', 'wpautop'); ?>
<?php the_content(); ?>

キーボードで打ち込むとミスする可能性があるので、上記をそのままコピペしてアップロードしてください。

これで無駄なPタグが削除されるはずです。

関連記事

WordPressテーマを自分で構築しない方は分からないかもしれませんが、post_class()関数が必須であり、single.phpやp...


みなさんはどのようなWordPressテーマを利用していますか? 多くの人が無料のWordPressテーマを利用し、次いで購入した...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

Homepage

パンくずリストを構造化にすると、検索結果の下に表示されるURLがカテゴリ名にな...

WordPress

ワードプレスでpost classを使うと、さまざまなクラスと同時にhentr...

WordPress

ワードプレスには自動でPタグを入れる機能がありますが、場合によってはこれがデザ...

検索フォーム

コンテンツ

カテゴリ