格安ホームページ制作のブリリアントワークスです。個人事業(SOHO)としての特長を活かし、格安価格・高品質にてご提供いたします。
ホームページ制作 岐阜(BW)
» » モバイルフレンドリー対策

モバイルフレンドリー対策

2015年(平成27年)2月26日、グーグルがモバイル対応のウェブサイトを携帯用検索エンジンで上位表示することを発表しました。

実際にこのアルゴリズムが適用されるのは2015年4月21日からと発表されており、約2ヶ月も猶予を持って発表されるのは異例のことです。今までは後からアルゴリズム変更を通知することが常だっただけに意外な対応がとられています。

グーグルのWebmaster Central Blogでも「impact in our search results」と書かれてあり、携帯検索エンジンの順位が大きく変わることがうかがえます。

実際の影響は当日にならないと解りませんし、調整等もあるでしょうからアルゴリズムが確定するまである程度の期間は必要でしょうが、「これからは携帯・スマホ・タブレット・パソコンのすべてで閲覧できるホームページを作らなければならない」のは確かです。

それは、パソコンと携帯・スマホのアクセス比率変化からもわかります。

モバイルフレンドリーにする方法

パソコン、タブレット、スマホ、携帯それぞれ違う端末でもストレスなく閲覧できるようにするためには次の方法があります。

レスポンシブデザインにする
HTMLは同じで、ウィンドウサイズに応じて読み込むスタイルを変更します。方法としては簡単ですが、実際にはHTMLファイルの修正やモバイル用CSSの用意などとても時間が掛かります。

WordPressを利用する
携帯・スマホにも対応したテーマ(テンプレート)もあるので、そのままのデザインであれば導入・更新が簡単です。ワードプレスはグーグルでも推奨しているCMSで、SEO的にも効果があります。

携帯用ページを別に用意する
パソコン用のページとは別に、スマホ・携帯用のサイトを用意して.htaccessやJavaScriptで振り分ける方法です。同じ内容のページが2つあることになるので、重複コンテンツとみなされないように注意しなければなりません。

関連記事

ホームページ制作が一般の方にも広まった2000年代前半は、サイトを量産してSEO対策で相互リンクし、上位表示を目指すという流れが根付き、『内...


自分のサイト名をGoogleで検索したら、1位は自分のサイトで問題ありませんでしたが、2位に『サイト名 - RSSing.com』というサイ...


駅で電車を待っているときに、または道端で、会社のお昼休みにと、あらゆる場所で多くの方がスマートフォンや携帯を操作している姿を見ることが当たり...


ページが多くてサイトボリュームがあることがSEO的に有利であるため、以前は、同じような内容のページを量産したり、サテライトサイトとして全く同...


気に入ったサイトを自分のサイトで紹介したり、逆に他人のサイトで自分のサイトが紹介されたりすることはホームページ運営上、そしてSEOの観点から...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

Homepage

パンくずリストを構造化にすると、検索結果の下に表示されるURLがカテゴリ名にな...

WordPress

ワードプレスでpost classを使うと、さまざまなクラスと同時にhentr...

WordPress

ワードプレスには自動でPタグを入れる機能がありますが、場合によってはこれがデザ...

検索フォーム

コンテンツ

カテゴリ