格安ホームページ制作のブリリアントワークスです。個人事業(SOHO)としての特長を活かし、格安価格・高品質にてご提供いたします。
ホームページ制作 岐阜(BW)
» » サイトマップの作り方と送信方法

サイトマップの作り方と送信方法

『サイトマップ』と聞くとサイト内に設置する目次的なページを想像する方が多いと思いますが、ここで説明するのはXMLファイル形式のサイトマップで、Googleのサーチコンソール(ウェブマスターツール)に送信することにより、新しいページの存在や更新したページの存在を効率的に知らせることができます。

特に何もしなくてもGooglebotはリンクを辿ってサイトに訪れ、ページ情報を持ち帰ってインデックスしてくれますが、それだと時間が掛かり、場合によっては訪問し忘れの状態になる可能性があるので、XMLサイトマップでサイト構成を知らせるのです。

人に道順を教えるのに口だけで説明するよりも地図を描いた方が分かりやすいように、ロボットにも『ページ構成はこうなっています』、『このページを更新しましたよ』と、教えた方が分かりやすいわけですね。

Googleにいち早くインデックスしてもらい、一人でも多くの人に訪れてもらえるように、ぜひXMLサイトマップを活用しましょう。

では、その手順について詳しく説明していきます。

XMLサイトマップ作成から送信までの手順

(1)XMLサイトマップを作る

XMLサイトマップは構文が決まっており、またページ数が多いとコピペでファイル名を変えていくのも大変なので、最初は自動生成ツールを利用するのが便利です。

検索すればいくつもヒットしますが、一応、おすすめのサイトを以下にご紹介しておきます。
sitemap.xml Editor
Xml-Sitemaps.com

基本的に、URLを入力してボタンを押すだけなので、使い方の説明は必要ないでしょう。

なお、新しくページを追加した場合は、<url>~</url>の部分をコピペして、URL部分だけを変更してください。

 
(2)XMLサイトマップをアップロードする

FTPソフトを使ってXMLサイトマップをアップロードしてください。

『sitemap.xml』という名前のまま、ドメイン直下で構いません。

 
(3)サーチコンソール(Search Console)にログインする

XMLサイトマップはサーチコンソール(ウェブマスターツール)で使用するものなので、Googleのアカウントを持っていない方はまず登録してください。

そして、サーチコンソール(ウェブマスターツール)の登録の手順どおり進み、プロパティを追加してください。

 
(4)XMLサイトマップの送信

サイトマップ

左ナビゲーションから『クロール』 » 『サイトマップ』と進み、画面右上にある朱色の『サイトマップに追加/テストボタン』をクリックします。

 
(5)サイトマップの追加/テスト

サイトマップの追加/テスト

ポップアップウィンドウが開くので、『sitemap.xml』と入力して『テストボタン』をクリックします。

エラーが出なければ、戻って青い『送信ボタン』を押してください。

関連記事

レスポンシブサイトのチェックで紹介している方法を利用すると視覚的にスマホ・携帯でもホームページを快適に閲覧できるかどうかチェックできますが、...


ヤフーやグーグルで検索した時に、次の画像のようにタイトルの下に表示されるURLが日本語表示になっていることがあります。 これはパンくず...


パソコンでも、タブレットでも、スマホ・携帯でも、それぞれの画面サイズに合わせて表示するレスポンシブルデザインですが、視覚的にも検索エンジン的...


『パソコン、タブレット、スマホ・携帯』、それぞれの画面サイズに応じたデザインでホームページを表示するには、次のコードをHTMLファイルのヘッ...


インターネットエクスプローラ(IE)やグーグルクローム(Google Chrome)などのブラウザでサイトを見るとき、アドレスバーやタブにア...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

Homepage

パンくずリストを構造化にすると、検索結果の下に表示されるURLがカテゴリ名にな...

WordPress

ワードプレスでpost classを使うと、さまざまなクラスと同時にhentr...

WordPress

ワードプレスには自動でPタグを入れる機能がありますが、場合によってはこれがデザ...

検索フォーム

コンテンツ

カテゴリ