格安ホームページ制作のブリリアントワークスです。個人事業(SOHO)としての特長を活かし、格安価格・高品質にてご提供いたします。
ホームページ制作 岐阜(BW)
» » サーチコンソール(ウェブマスターツール)の登録

サーチコンソール(ウェブマスターツール)の登録

ホームページを作ったら、ぜひ利用したいのがサーチコンソール(Search Console)です。

以前はウェブマスターツール(Webmaster Tools)と言う名称で有名だったことので、今でも旧名を利用する方が多くいます。

『これは何か?』を簡単に説明すると、グーグルが無料で提供しているサービスで、ウェブサイトが検索エンジンにどのように評価されているかを知ることができるサービスです。

主要な機能としては次のものが挙げられます。

  • HTMLの改善(重複・長すぎる・短すぎるdescriptionsのチェック)
  • サイトへのリンク表示
  • 内部リンクの確認
  • 手動による対策(スパムの有無)
  • モバイル ユーザビリティ(スマホ・携帯・タブレットでの表示対応)
  • クロールエラー
  • Fetch as Google(ページのインデックス送信)
  • サイトマップ(sitemap.xmlの登録)

他にもいろいろなツールがあり、サイト運営には欠かせないサービスなので、ぜひ利用しましょう。

では、サーチコンソール(ウェブマスターツール)の登録方法について説明いたします。

サーチコンソールの登録手順

(1)サーチコンソールにログインする

サーチコンソールからログインしてください。

まだGoogleのアカウントを持っていない方は、取得する必要があります。

名前や性別・メールアドレスなどを入力するだけなので簡単に手続きでき、無料で利用できるので安心です。

 
(2)プロパティを追加する

Search Console

ログインすると画面右側に朱色の『プロパティを追加ボタン』があるので、これをクリックします。

 
(3)URLを入力する

プロパティを追加

『プロパティを追加』というポップアップウィンドウが表示されるので、登録したいサイトのURLを入力し、青い『続行』ボタンをクリックします。

新たに追加するサイトがないので、ここではhttp://www.example.com/という仮のURLを入力しました。

 
(4)所有権の確認

所有権の確認

他人が勝手に登録できないように、そのドメインが本当にあなたのものであるかの確認が必要となります。

確認方法は複数用意されていますが、推奨の『HTMLファイルをアップロード』が簡単です。

まずは1にある『このHTML確認ファイル 』をクリックするとダウンロードが始まるので、そのHTMLファイルをFTPソフトを使ってドメイン直下にアップロードします。

次に、2のリンクをクリックしてHTMLファイルが表示されるか確認します。

最後に、朱色の『確認ボタン』を押してください。

問題がなければ、ホームにサムネイルとURLが表示され登録されますが、アップロードしたHTMLファイルは適宜チェックに利用されるのでそのまま残しておきましょう。

関連記事

パソコンでも、タブレットでも、スマホ・携帯でも、それぞれの画面サイズに合わせて表示するレスポンシブルデザインですが、視覚的にも検索エンジン的...


モニターのサイズにもよりますが、パソコンの場合は画面が大きいので今まで制作されてきた横幅1,000ピクセル以上のサイズでも画面全体を表示でき...


グーグルの検索エンジンは、Googlebotと呼ばれるクローラーがウェブ中を駆け巡り、サイト情報を収集して持ち帰ってインデックスします。 ...


ヤフーやグーグルで検索した時に、次の画像のようにタイトルの下に表示されるURLが日本語表示になっていることがあります。 これはパンくず...


レスポンシブサイトのチェックで紹介している方法を利用すると視覚的にスマホ・携帯でもホームページを快適に閲覧できるかどうかチェックできますが、...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新記事

Homepage

パンくずリストを構造化にすると、検索結果の下に表示されるURLがカテゴリ名にな...

WordPress

ワードプレスでpost classを使うと、さまざまなクラスと同時にhentr...

WordPress

ワードプレスには自動でPタグを入れる機能がありますが、場合によってはこれがデザ...

検索フォーム

コンテンツ

カテゴリ